2月, 2015年

ちょっとお遊び!!こんなことも簡単だよ

2015-02-12

タイミングは外してしまいましたが・・・

年賀状のためにこんなモンを作りました。

ヒツジ3兄弟1

size:180×180×60

ヒツジ3兄弟です。

 

年賀/

出来上がった年賀状がこれです!?

3兄弟のはずが、1匹だけ。その上、背景かよ!!

だた、デザイナーさんには文句は言えません(泣

 

 

年賀状での役目を終えたあとは、

我が家の居間の時計の下にこんな感じでおります。

ヒツジ3兄弟2

ちょっと、クロスの薄汚れたかんじが生活感があふれてるでしょう(笑

1匹づつはプッシュピン(押しピン)1コで止まっています。

これが発泡スチロールの軽さが生きているってことです。

 

「これ、ほし〜〜〜い」とか「こんなん、できないの?」などなど、

こんなご希望、ご用命があれば、問い合わせしてください。
 
bottomnav_o

本格的?発泡スチロールレリーフ型枠

2015-02-10

本格的なんて言うほどでも無いのですが、

久しぶりに半立体の彫刻≒レリーフといえるような仕事をしました。

まだ、こんなことをしたいと言う役所があったのか!!

機能が無い、このような装飾物は予算削減のあおりを、

一番最初にうけてきた、という経緯があるもんで・・・

もう少しこのような物件が増えると、弊社としてもうれしいんですが・・・と、やや愚痴っぽい

 

今回はこのようなお祭りの太鼓?の風景です。

写真は6枚の構成になっていますが、実際は横長の1面となっています。

 

1 2 3 4 5 6

size:1570×18500×30

 

基本的には水平のスライスで凹凸を表現しています。

ただ、凹凸が30m/m内という設計でしたので、不都合がどうしても出てきます。

その際は斜めに加工して、デザインと凹凸に破綻の無いようにしています。

このような加工が比較的容易に出来ることも加工性の高い発泡スチロールという素材の利点です。

 

「半立体の彫刻≒レリーフ」はイメージとして3次曲面(丸みのある)の形状を思われる人も多いでしょうが、

デザイン(絵)的に平滑面の表現が適している場合も多くある、と経験則として感じています。

 

まあ、この物件も絵的にはやや問題は有り、と感じてはいましたが、

これも「施主様の思うがまま」ということで、お仕事頂く方としては、せん方の無いことではありますが・・・

 

納品したのは先月の末でしたが、コンクリートの打設はまだのようです。

どのような仕上がりとなりますか・・・

納品先は遠方ですので、もしかしたら、仕上がりを見ずじまいかもしれません。

bottomnav_o

某保育園発泡スチロールレリーフ用型枠

2015-02-10

久しぶりの更新です。

この間、仕事してないの?・・・なんて声が聞こえて来そうですが・・・

当然、働いてますよ・・・一応!?

 

今回は型枠として、より使い勝手がいい分野で、

一段階の模様をコンクリート壁に施すための型枠です。

最終的に凹みの模様になるような型枠を作成しましたが、

凸模様の模様も簡単にできます。

 

ちょっと話はそれますが、フリーな線で描いた模様を

コンクリート壁に凹凸として施すことは建設、土木業界の方でも

適切な方法(材料)を意外と思いつきません。

その方法(材料)に適正が高いのが、発泡スチロール型枠です。

その理由についてはこちら『コンクリート壁面に模様を付ける発泡スチロール型枠の加工』に、

詳しく載せていますので、参照下さい。

また、凹凸という点では凹模様は比較的簡単にできます。

施したい模様、そのままの形状の型枠があれば出来るからです。

(今回の写真はこの型枠です)

凸模様はその逆で、周辺の型枠が必要です。

その場合の周辺との取合いやか納品型枠の量など思ったより解決しなければならない事項が出てきます。

その点で発泡スチロール型枠と弊社のノウハウはお役に立ちます。

 

さて、本題の今回の仕事ですが、

某保育園で使用された発泡スチロール型枠です。

写真の仕上がりがあまりに違うのは、2回に分けての分納であったため、

撮影の日時が異なったためによるものです・・・と、ちょっと言い訳・・・

 

オットセイ ゾウ トンボ ナメクジ ライオン

size:900×1300×30

theme:オットセイ、ゾウ、トンボ、ナメクジ、ライオン

 

アヒル イルカウサギ カブトムシ ホタル マキガイ

size:1300×1800×30

theme:カルガモ、イルカ、ウサギ、カブトムシ、ホタル、マキガイ

 

保育園にこのデザイン?と思われた方も多いでしょう。

これには設計者の意図が大いに反映されていますが、個人的にも???です。

大きな声では言えませんが・・・(笑

この保育園は2月末の引き渡しのようなので、近々にはどのような出来上がりになっているのかを、

載せる事ができるでしょう。

bottomnav_o

Copyright© 2010 発泡スチロールの各種加工。写真・イラストでも形にする職人的な会社です All Rights Reserved.