Archive for 2017

発泡スチロールde文字型枠 今回は意外とテクニカル!!

2017-07-03

発泡スチロールが得意としてモノの一つに

コンクリート躯体に模様を施す型枠があります。




今回の型枠は文字型枠です。

この型枠は思った以上にテクニックが必要です。

まず、凸模様を施すので、

型枠の段階では凹み模様になっています。

凸模様を施すための凹み模様の型枠を制作するのも

思った以上にとテクニックは必要ですが、

この型枠にはもう一つ特徴があります。

よく見て頂けるとわかるのですが、

文字の周辺に切れ目がありません。




基本として発泡スチロールをカットするためにはニクロム線で切ります。

垂直に切るためには、垂直に固定したニクロム線で切ります。

今回のように大きな盤面(型枠)の文字を切るためには

その文字の位置までニクロム線で切って進まなければなりません。

しかし、上記の写真をよく見て頂けると、

文字周辺は切れて無く、文字だけ凹んでいる様子が

わかると思います。




どうやって

文字の位置までニクロム線が行けたのか?

どうやって、

文字だけ型枠として凹模様にできたのか?



意外とテクニカルでしょう!!




この型枠には凹み模様を施す部分もあります。

上部の「since 2017」部分です。

このように凸模様にも凹模様にも対応可能。

それも場所や大きさ、字体、等を選ばないのが

発泡スチロール製品の優れたところです。

デコイ(サギ)

2017-04-17

3年連続のサギのデコイの制作です。

実は昨年の夏に納品した仕事ですが、諸処の事情があり、

やっとHPで公開出来るようになりました。


このphoto内で白く見えているのが、デコイのサギです。

 


寄ってみるとこんな感じにです。

 

デコイ(サギ)の詳細寸法や制作行程等々は

今までしてきたでデコイ(サギ)と全く同じですので、

過去の投稿記事を参照頂けるとありがたいです。

「またしてもサギ師・・・約10ヶ月ぶり」等々

 

 

実は3年連続仕事しましたが、

「本当に効果あんの・・・・?」って思っていました。

今回、多少効果があることが証明されました。

赤丸内に見えるのは本物のサギです。

 

デコイ(サギ)に騙されたかどうかは定かではありませんが、

近距離にいても違和感を感じていないようです。

多少は効果があるかもね・・・な〜〜んてね!

まあ、今回の依頼を頂いた会社の担当者様からも

「効果有り」の評価を

頂いておりますので、

仕事としては及第点ということにしましょう。

 

 

 

久々の更新となってしまいましたが、

当然、仕事はしております。

(有)アルテ・ヴェルク 頑張ってますよ====3333

ちょっと納期の短い仕事が多いもので、

仕上がり時間が遅くなり、翌日には即、梱包、出荷・・・

こんなパターンの仕事ばっか・・・・

写真とる間もなく・・・

この頃はすっかり「無理を聞いてくれる人」となってしましました・・・(泣

 

きける無理はききまっせ!!

今後とも宜しくごひいきのほど、お願い致します。

Copyright© 2010 発泡スチロールの各種加工。写真・イラストでも形にする職人的な会社です All Rights Reserved.