発泡スチロール小ネタ

発泡スチロールのイメージは?




軽い、白い、断熱材のような外見的、形状的なもの。




ダイオキシン、燃やすと毒が出る、浮遊ゴミとしてよく浮いている、等々。




このようなマイナスイメージの多くは思い込みによるものです。

燃やしても出るのは、「炭酸ガスと水」です。ダイオキシンは発生しません。

ただ、燃焼時に多くの空気が必要なので、不完全燃焼では一酸化炭素が発生します。

これは要注意物質ですので、完全燃焼できる施設で焼却することが重要です。

「浮遊ゴミ」としては現在は多くの発泡スチロールがリサイクルされています。

このように正しく利用すれば、発泡スチロールは至って安全性の高い素材です。






JEPSA発泡スチロール協会で詳しく紹介されています。
banner_qaこちらで安全性を確認してみて下さい




banner_200x40JEPSA発泡スチロール協会のH.Pです。

Copyright© 2010 発泡スチロールの各種加工。写真・イラストでも形にする職人的な会社です All Rights Reserved.